債務整理とおまとめローンの違いとは

MENU

債務整理とおまとめローンの違いとは

複数の借入を整理するにはいくつかの方法があります。

 

よく聞かれるのが「債務整理」や「おまとめローン」などですね。
では、これらにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

まず、債務整理とは読んで字のごとく債務(借金)を整理するという事です。
例えば、任意整理や個人再生や自己破産などです。

 

債務整理は借金が減額されたり自身の資産を整理する必要があったりと
選ぶ方法によって期待できる結果が異なります。

 

また、たいていの場合、弁護士などが介入して手続きを進めていきます。

 

おまとめローンは、「一本化」「借換え」とも呼ばれています。
複数ある借金をひとつにまとめて返済していくと言う事ですね。

 

このようにそれぞれの特徴を見ると、債務整理よりもおまとめローンの方が
個人レベルでの検討がしやすいことが分かりますね。

 

債務整理は借金で首が回らなくなるほどの状況である人向けなのに対し
おまとめローンは少額でもできる返済軽減手段だと印象を持ったでしょう。

 

つまり、返済の内容を見直したい、借入をシンプルにしたい、という方には
「おまとめ」が向いているというわけです。

 

では、いったい自身の借入がまとめる事でどれくらいシンプルになるのか?

 

これについては一度、返済シミュレーションを使用して
現在の返済計画と一本化後の返済内容を比較されてみると良いですよ。

 

借りやすいと噂の消費者金融、大手銀行ローンなど、
さまざまなローン種類から、低金利の所を探してみてはいかがでしょう。